読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白衣とため息

真面目に働いてたらいつの間にかアラサーになった女医のつぶやき。

ピンキーリング問題

ファッション

最近、3人くらいの女性(医師・看護師)に「今度結婚しようかと思ってるの」と言われた。めでたい限りである。

 

で、その3人にはある共通項がある。

 

ずばり「左手にピンキーリングをしている」

 

である。

 

ピンキーリング」「左手」でググってみると、「左手のピンキーリングは恋人ができるお守りです」という説明がされていることが多い。

という訳で、彼女たちがお守りとしてピンキーリングをしてるのか、それとも単におしゃれでしているのか、それが最近気になってしょうがない。お守りとして着けてるなら、その効果が実証されていることに他ならないからだ。

 

「ねえねえ、それって恋愛運のおまじない?」とか聞くのも彼女達に悪いし・・・と、もじもじしている今日この頃である。

 

・・・とはいえ、実際にピンキーリングをした女性3人が旦那をゲットしている訳だから、おしゃれだろうとお守りだろうと、「ピンキーリングは恋愛運向上に役立つ」という見方もできる。それなら私もピンキーリングを着けるべきなのであろう。しかし、私にその勇気があるかというと意外と難しい。

 

そりゃピンキーリングをつけてても「おっしゃれー」にしか見えないおしゃれピーポーが世の中にはいる。しかし、私は残念ながらそんな洗練された女ではないのだ。

おしゃれピンキーどころか、「恋愛運アップさせたいがために指輪を買った女」にしか見えず、世の中の男性をドン引きさせる可能性が十分にある。男性には気づかれなくても女性陣に気づかれて「あ・・・」とか思われるのも嫌だ。

 

しかし実はもう買ってあるのだ。かわいいピンキーリングをもう私は持っているのである。あとはつける勇気・・・!ただそれだけである。

他人の目を気にせず堂々と指輪をつけるそのメンタル(あとおしゃれさ)が結婚には必要なのかもしれない。