読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白衣とため息

真面目に働いてたらいつの間にかアラサーになった女医のつぶやき。

女医と合コン

この前合コンに行ったんだけど、なんかこう、「結婚相手はやっぱり医師がいいな」とか自分が思っているのに気づいて、若干自分で引いた。

 

口では「学歴なんてどうでもいいよ」とか「人間の価値はそんなんじゃない」とか言っているのに、私ってやつは・・・。

 

人のせいにするわけではないけれど、「少なくとも相手は医師以上の学歴じゃないと、親が許さないんだろうなー」とか思っちゃうわけ。

 

自分がどうこうよりも、人が反対するんだろうな、とか人から見てどう思われるんだろうな、とか考えちゃう。

 

なんかねー、もう自己嫌悪ですよ。

 

ふと周りを見渡すと、女医仲間で卒後すぐに結婚した人たちってのは医師と結婚することが多くて、アラサーらへんになると医師以外の人とくっつくことが多いんだよね(東京とかじゃなくて地方なので、学歴的にはどうしても女医のほうが勝っちゃったりする)。

 

これは女医のアラサーたちが医師以外の魅力に気づくのか、それとも心の中で何かに妥協しているのか・・・どうなんでしょう。

周りの男性も、「学歴差なんてどうでもいい!」と思ってるのか「女医と付き合う俺、すごい」と思ってるのか、「なんとも思ってないぜ俺は!」と思っているのか・・・どうなんだろう。

 

こういうことに細かい自分ってやんなっちゃうよなあ、ととりあえず吐き出してみたのでした。

 

一応書いておくけど・・・たぶん、こういうこと全然考えずに恋愛とか婚活している女医がほとんどだと思うので、皆さんどんどん女医と恋愛していただけたらなあと思います。