読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白衣とため息

真面目に働いてたらいつの間にかアラサーになった女医のつぶやき。

近所の神社に嫌われている気がする

ああ、なんだかついてない。気持ちがどうにも前向きになれない。

 

仕事もプライベートもうまくいく気がしない・・・

気づけば涙を流している・・・

 

そんな感じだったので、近所の神社(結構大きい有名神社)に行ってきた。

自分でなんともならないことは神頼みでもするっきゃないかと思った訳だ。

 

ところがこの神社、以前から思ってたんだけど、なんか私に厳しい気がしている。

おみくじで大吉が出たことなんて一回もない。

今回もなんか嫌な予感はしていたのだが、やはりおみくじは小吉で、中身も「ぶっちゃけこれ凶なんじゃ・・・」という感じであった。

仕事→地味にやれ。

争いごと→負ける。やめろ。

縁談→破談する。

待ち人→来ない。

なんだこれは。仕事もプライベートもイマイチだなーと思ってお参りに行ったのに、

仕事もプライベートも全否定じゃないか(特にプライベート)。

 

学生のとき、正月の巫女バイトをした仲ではないか。もうちょっとこう、前向きに言葉選んでいこうよ!

 

実家の神社(今回行った神社の系列で、もうちょっと小さいところ)はもうちょっと好意的なことを書いてくれるぞと。

たとえ末吉でももうちょっと優しいぞと。

声を大にして言いたかった昼下がりであった。

 

ちなみに夕方から当直である。はあ〜。